新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

加齢黄班変性vs抗VEGF抗体

 

VEGFとは

 Vascular endothelial growth factorの頭文字で、「血管内皮増殖因子」という物質のことです。毛細血管の内皮細胞に働きかけ、枝分かれした新しい血管を作ります。これを「血管新生」といいます。新しく作られた血管(新生血管)は非常にもろく、出血やむくみをおこします。

 

抗VEGF抗体

 VEGFの働きをブロックするのが、抗VEGF抗体です。
 最初は大腸癌の治療薬として開発されました。癌細胞に栄養を送る新生血管を作らせないようにして、癌をいわば兵糧攻めにして退治するという治療法です。これが大変有効だったので、新生血管が原因で起きる他の病気にも使えるのではないかということになりました。

 

加齢黄班変性

 眼底の中心にあり、物を見るために一番大切な黄班部に変性がおきる病気で、進行の遅い「萎縮型」と、高度の視力障害を残しやすい「滲出型」があります。「滲出型」では、黄班の下に新生血管ができ、出血やむくみを繰り返すことで急速に進行していきます。
  これまで、新生血管をレーザー光線で凝固したり、新生血管に集まる性質のある特殊な薬を注射してから弱いレーザーをかけたりと、いくつかの治療法が行われてきましたが、抗VEGF抗体による治療では、今までよりも良い結果が報告されています。特に、早期に治療を開始した場合には、視力の回復が得られる場合があります。

 

抗VEGF抗体の種類

 大腸癌に使われているのはアバスチン(ベバシズマブ)ですが、日本では眼科的には保険適応が認められていません。現在使用可能なのは、2008年に承認されたマックジェン(ぺガプタニブナトリウム)と2009年に承認されたルセンティス(ラニビズマブ)です。
  VEGFにもいくつかの型があり、マックジェンは眼内の新生血管に最も関わりのあるVEGF165に選択的に作用するように作られています。

 

治療法

 眼底検査、蛍光眼底造影検査、光干渉断層計による網膜断層検査などにより、治療の効果が期待できると判断された場合に、眼内(硝子体腔)に注射します。通院で治療を行うことができますが、感染予防のため手術室で行います。マックジェンは6週間毎、ルセンティスは4週間毎に効果を見ながら注射を繰り返します。

 

まとめ

 高齢化や食生活の変化により年々増加する加齢黄班変性に対して、積極的に太刀打ちできる治療法がやっと出てきたという印象です。
 また、抗VEGF抗体による治療は、今後、血管新生緑内障・糖尿病網膜症・高度近視に伴う血管新生など、他の難治性疾患にも適応が広がっていくことと思います。(当院でもルセンティス、マックジェンによる治療を行っております。ご相談ください。)



 

(2011/03)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。