新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

小児の「弱視」について

 

 「弱視」とは、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても、視力が出ない状態をいいます。裸眼で0.1しか見えなくても、眼鏡をかければ1.0見える場合は弱視ではありません。

 

視力の成長

 生まれたばかりの赤ちゃんは、明るい暗いがやっと分かる程度の視力しかありません。眼球の構造は大人と同じように完成しているのですが、網膜から脳への信号を、映像として理解する神経回路が、未完成なためです。視力は、赤ちゃんがいろいろなものを見て、脳の神経に刺激を与えることで発達していきます。
 発達のスピードは1歳半がピークで、6歳でほぼ大人と同じ1.2くらいになります。
 この間に、脳の神経への刺激が上手にできないと、弱視になってしまいます。

 

弱視の原因

 弱視を起こす原因には次のようなものがあります。

1.斜視

両目の視線が一致しない状態です。片方の目だけで見てしまうので、使われないもう一方の目が発達せずに、弱視になってしまいます。斜視は種類も原因もさまざまです。きちんと両目を使って見ることができるようにするためには、眼鏡、手術など適切な治療が必要です。

2.屈折異常

遠視や強い近視・乱視があると、網膜にピントの合った像が映らないため、脳にしっかりとした刺激を与えることができず、視力が発達しません。眼鏡による矯正が必要です。

3.不同視

左右の屈折(眼鏡の度)が極端に違う場合、度の強い方の目は使われずに弱視になってしまいます。眼鏡で矯正して両眼を使うようにします。良いほうの目にアイパッチ(片目を覆うシール)を貼る場合もあります。

4.形態覚の遮断

網膜の前に邪魔なものがあって、網膜に像が映らない状態を、形態覚の遮断といいます。角膜の混濁、先天性白内障、眼瞼下垂などが原因になりますが、気を付けていただきたいのが眼帯の使用です。眼帯は形態覚を完全に遮断しますので、小児では短い間でも弱視を引き起こすことがあります。安易に眼帯を使用しないでください。

 

まとめ

 どの病気もそうですが、小児の弱視は特に、早期発見、早期治療が大切です。視力の発達が完了してしまってからでは治療のしようがないからです。3歳児検診で見つかり、しっかり治療すれば、就学時には十分に発達した視力が得られるはずです。
 ご家庭でもお子様の弱視を疑わせるサインを見逃さないようにしてください。左右の目の大きさが違う・目が内側あるいは外側を向いている・物を見るときに顔を傾けたり首を回したりする・片目あるいは両目を細める・片目を隠すと途端に嫌がるなど。異変を感じたら眼科医にご相談ください。

 

(2011/01)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。