新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

本当によいの? よく耳にする、目の健康法

 

 世間で「目によい」とされていることには、実は根拠のない言い伝えや、逆に悪影響を及ぼすことがあります。正しい知識が目の健康につながります。

 

サングラスの色は濃いほうがよい

 紫外線に目がさらされ続けると翼状片、白内障、黄斑変性などが起きやすくなります。海や山に行かなくても、コンクリートの照り返しなどを考えると普段の生活でもサングラスを使いたいものです。サングラスは色ではなく、紫外線をカットする性能で選びましょう。紫外線のうち角膜炎を起こすUV−B、目の中まで届くUV−Aの透過率が低いものを探してください。色は紫外線透過率には関係ありませんが可視光線を減光してまぶしさを和らげます。ただあまり濃い色にすると瞳孔が開いてしまいサングラスの隙間からより多くの紫外線が飛び込んでくることになりますので、濃ければよいわけではありません。

 

八ツ目うなぎは目によい

 目が8つもあるので目によいとの言い伝えなのでしょう。ちなみに目は2つで後は模様が目に見えるだけですが。八ツ目うなぎにはビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、EPA、無気質、タンパク質といった栄養素が豊富に含まれていますので昔から体の弱い方や目の悪い方に重用されていました。体によいことには間違いありません。ちなみにビタミン不足で起こる可能性のある病気を列挙しますと、ビタミンA不足(夜盲症・角膜軟化症)ビタミンB1不足(視神経炎)ビタミンB2不足(びまん性表層角膜炎・眼瞼緑炎)ビタミンC不足(結膜出血・網膜出血)ビタミンD不足(眼球突出・視神経萎縮)などがあります。八ツ目うなぎに限らずバランスのとれた食生活を心掛けたいものです。

 

疲れたときには、眼をマッサージする

 パソコンを長時間使った後や遅くまで本を読んで目がかすんできたときなど、思わず目を押してしまっていませんか?眼球に圧が加わるようなマッサージは大変危険です。眼底出血・網膜剥離などを起こすきっかけになる場合があるからです。そういう時は、目の周りの骨をそっと指圧しましょう。目の周りには疲れに効くつぼがいくつも分布しています。また、熱めの蒸しタオルで5分くらい目を温めることも効果的です。

 

病気の予防のために毎日洗眼している

 顔を洗うときに目も一緒に洗面器の中で洗っている、という方がよくいますが、これは百害あって一利なしです。水道水は滅菌水ではありません。細菌もいればアメーバもいます。錆も入っているかもしれません。角膜をしっかり保護してくれている涙液のバリアーを剥ぎ取ってしまうことにもなります。同様の理由で、プールの後の洗眼もおすすめしません。目をつぶってシャワーで顔を洗えば十分です。水道水で目を洗ってもよいのは、洗剤や漂白剤など、何かが目に入った時だけです。そういう場合は流水でよく洗った後、眼科に直行してください。
 コンタクトレンズを外した後にカップ状の洗眼用具で目を洗う方もいますが、これも涙液のバリアーを破壊し、目の周りに付いている汚れを目の表面にまき散らすものです。洗眼前後の角膜上の汚れを比較すると洗眼後のほうが汚れていたというデータがあります。洗眼はきれいになったと思うための儀式のようなものですから、さっぱりするためには顔を洗えばよく、それでも違和感がある場合は、結膜炎・角膜炎など何らかの疾患が考えられます。眼科専門医にご相談ください。

 

(2010/9)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。