新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

眼瞼下垂

 

 読んで字のごとく、上まぶたが下がって上がらなくなった状態のことです。先天性のものと後天性のものがあります。

 

先天眼瞼下垂

1.単純性眼瞼下垂
 先天性では単純性眼瞼下垂が90%以上を占めます。これは弱視や斜視の原因になりますので、時期を見て手術を行います。

2.その他
 特殊なものとして、眼瞼縮小症候群、マーカスガン現象、先天性動眼神経麻痺などによるものもあります。マーカスガン現象というのは、口を開閉するとまぶたが上がるもので、年とともに良くなり、まれに自然治癒する場合もあります。

 

後天性眼瞼下垂

1.老人性眼瞼下垂
 後天性のうち3分の1が加齢による老人性眼瞼下垂です。始まりの時期に左右差はありますが、次第に進行して高度下垂になることもあります。

2.動眼神経麻痺
 1と同じくらいの割合で、動眼神経麻痺による下垂があります。動眼神経麻痺は、糖尿病や高血圧による循環障害のほか、脳動脈瘤、脳腫瘍など生命にかかわる病気が原因で起こることがあるので、急いで原因疾患を調べる必要があります。片目が急に開かなくなり、まぶたを持ち上げて両目で上下左右を見たときに、物がだぶって見えたら動眼神経麻痺の可能性があります。

3.コンタクトレンズ眼瞼下垂
 次に多いのがコンタクトレンズの長期装用による眼瞼下垂です。ハードコンタクト使用者に多くみられますが、ソフトレンズでも起こります。片方の目から始まり、時期をおって両眼まぶたが下垂してきます。

4.その他
 重症筋無力症、外眼筋ミオパチー、ホルネル症候群など特殊な病気によって起きるもの、眼の手術後に起きるもの、外傷性眼瞼下垂などがあります。

 

治療

 先天性眼瞼下垂は視機能の発達を障害するので、早めの手術が望まれます。後天性のものは、原因疾患を治療しても眼瞼下垂が完全に治らない場合、症状が固定したところで手術をします。

 

(2010/1)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。