新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

円錐角膜

 

円錐角膜とは

 角膜は黒目の表面の厚さ約1.5mmの透明な膜です。角膜の中央より少し下の部分が薄くなり円錐形に突出してくる病気が円錐角膜です。10歳代後半から20歳代前半に発症し徐々に進行しますが、30歳代で進行は止まるといわれています。
 発症頻度は男性では6500人に一人、女性では17500人に一人とされていましたが、最近では診断技術の進歩により軽度の円錐角膜を発見できるようになったため2000人に一人ともいわれています。

 

原因

 はっきりはわかっていませんが、遺伝性に起こることは少ないようです。アトピー性皮膚炎の方に比較的多く見られ、利き手側の円錐角膜の方に症状が強く出ることから、「眼をこする」ということが重要な要因になっていると考えられています。

 

症状

 進行した円錐角膜では、突出部が白濁したり角膜炎を起こしたりして、まぶしさや痛みが出ます。さらに角膜が薄くなると穿孔を起こす場合もあります。しかし軽度の円錐角膜では、自覚症状はなく、眼鏡やソフトコンタクトレンズ(SCL)でも視力の矯正が可能なので、強めの乱視として処理され、気づかれることはほとんどありません。眼鏡やコンタクトレンズを使っても見えなくなって眼科を受診し、円錐角膜を指摘されるということが多いようです。

 

治療

 基本的にはハードコンタクトレンズ(HCL)の装用です。進行度にあわせて、直径の大きなHCL、非球面レンズ(中央と周辺でカーブの異なるレンズ)、多段階カーブレンズ(中央から周辺にかけて段階的にカーブの変わるレンズ)を用います。HCLを装用することで、進行を予防できるといわれていますが、異物感が強くてHCLの装用ができない方の場合は、Piggyback lens system(SCLの上にHCLを重ねて使う)という方法もあります。角膜の状態に合わせて、安定して視力の得られるレンズを処方するのには、経験と高度の技術を要します。

 

トポグラフィー

 円錐角膜の早期発見と、HCLの処方に大きな威力を発揮するのが角膜形状解析装置(トポグラフィー)です。角膜表面の微妙なカーブを等高線で描くように色分けして描出してくれるので、顕微鏡で見てもわからないごくわずかな角膜の突出でも発見できます。また、円錐角膜と診断されている場合でも、定期的に検査することで進行具合を知ることができます。  重症化しHCLが装用できなくなってしまった場合は角膜移植の適応になります。円錐角膜に対する角膜移植は、他の疾患と比べて成功率が非常に高く予後がよいといわれていますが、早期発見しHCLを装用することで治療できればそれに越したことはありません。強い乱視をお持ちの方は一度、角膜トポグラフィーで検査してみてはいかがでしょうか。

正常眼(直乱視)のトポグラフィー  円錐角膜のトポグラフィー

 

(2009/11)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。