新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

角膜ヘルペス

 

角膜ヘルペスとは

 単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる角膜炎のことです。単純ヘルペスウイルスには、たいていの人は成人に達する前に感染します。結膜炎等を起こす場合もありますが、ほとんどの場合何の症状もない「不顕性感染」です。感染後ウイルスは、「三叉神経節」というところに潜伏し、普通はそのまま何事もなく過ぎてしまいます。しかし、何らかの原因によりウイルスが活性化すると、三叉神経節から角膜に分布している「三叉神経」を伝わり角膜でウイルスの増殖が起こります。ウイルスを活性化させる原因ははっきりわかっていませんが、「発熱、疲労、ストレスなどによる身体の抵抗力の低下、外傷、ステロイド剤の使用」などが誘因になるといわれています。

 

症状

 発症すると「ゴロゴロと目が痛い、まぶしい、涙が出る、目が充血する、視力が低下する」などの症状があらわれます。

 

病型

 角膜ヘルペスには、病変のおこる場所により二つのタイプがあります。
「上皮型」と「実質型」です。(角膜は、外側から上皮・実質・内皮の三層構造をしています)
  「上皮型」では、角膜上皮内でウイルスが増殖することにより潰瘍がおこります。木の枝のような特徴的な形をした潰瘍なので、「樹枝状角膜炎」と呼ばれます。
  「実質型」はウイルスの感染後、免疫反応の異状により実質に炎症が起こるものです。角膜にウイルスはいないのに実質が円盤状に白く濁ってきます。虹彩炎を伴うことも多く、治り難く後遺症の残りやすいタイプです。

 

治療

 治療は点眼薬と内服薬によって行われます。ヘルペスウイルスに特効的に効くアシクロビルという薬(点眼薬も内服薬もあります)の出現により、治療成績は格段に良くなりました。ただし、いったん症状が消えても、ウイルスは「三叉神経節」に潜伏しているので、体調を崩すと再発します。再発を繰り返したり、長引いたりすると、角膜に白い瘢痕が残り、視力が回復しなくなります。その場合は、角膜移植が必要になります。また実質型では、抗ウイルス剤と共にステロイドの点眼・内服を行います。しかし、上皮型にステロイド剤を使用すると逆に悪化してしまうので注意が必要です

 

予防

 発症や再発を完全に防ぐ方法はありませんが、誘発する体調不良を起こさないように自己管理をし、異物感や充血など少しでも発症や再発を疑わせる兆候があったらすぐに受診することが大切です。早期に治療を開始すればそれだけ角膜に混濁の残る可能性は低くなります。

 

 

(2009/03)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。