新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

子供の斜視について

 

斜視とは

 物を見ようとする時に、片目は正面を向いているのに、もう片目は違う方向を向いている状態を斜視といい、小児の約2%に見られる病気です。

 

斜視の種類

 目の位置によって分けると、片目の黒目が内側によってしまう「内斜視」、外側に離れてしまう「外斜視」、上下にずれる「上下斜視」があります。また、状態によって分けると、常に斜視がみられる「恒常性斜視」と、時々斜視になる「間歇性斜視」とがあります。

 

斜視の原因

 眼球を動かす筋肉やそれを支配する神経の異常、強い遠視、両眼視の異常、片眼の視力不良、目の腫瘍などによるもの、脳や全身の病気にともなうものなどがあります。

 

斜視の治療

 腫瘍や全身疾患に伴うものは原因疾患の治療をします。筋肉や神経の異常は先天的なものなので、筋肉の位置をずらす手術をします。
  内斜視には先天性のものと強い遠視によるものがあり、先天性内斜視は手術の適応となります。遠視が原因で起こる斜視を「調節性内斜視」といいます。目は近くの物を見ようとする時、水晶体と呼ばれるレンズを厚くしてピント合わせ(調節)をします。それに伴って、両目が内側に寄ってきます(輻輳・ふくそう)。強い遠視があると、ピントを合わせようとして一生懸命調節を行います。すると同時に輻輳も起こってくるために目が内側に寄り、内斜視になるのです。この場合、遠視を矯正する眼鏡をかける事により、内斜視は消失します。調節性内斜視の場合は、弱視を伴うことが多いのでなるべく早く治療を始めることが重要です。
 外斜視では、恒常性外斜視は視力や両眼視機能の発達を阻害しますので手術をしますが、間歇性外斜視では視力や両眼視機能に問題がなければ急いで手術をする必要はありません。恒常性外斜視に移行する場合もありますので、訓練でそれを防ぎます。ただし、眼精疲労の原因になったり、外見上気になるようであれば手術をします。

 

治療の目標

斜視の治療には3つの目標があります。
 1.視力を良くすること(ずれている目は弱視を伴うことが多い)
 2.両眼視機能(両方の目で受け取った情報を統合して立体視する機能)の獲得
 3.目の位置をまっすぐにすること
特に先の二つを達成するには、できるだけ早期に発見し治療することが肝心です。

 

最後に

 視力も両眼視機能もゼロから始まり、物を見るという訓練により自然に発達していきます。斜視はその発達を阻害する病気です。そのため、視機能が完成する学童期以前に治療するのが理想です。お子様に片目をつぶって見る、横眼使いで見る、頭を傾けて見る、あごを上げて見る、上目使いで見る、などの様子が見られたら一度専門医にご相談いただくことをお勧めします。また、室内でフラッシュをたいて写した写真をご覧頂くと、瞳に光が反射して目の位置がよくわかります。両目とも同じ位置で光っているかチェックしてください。

 

(2009/1)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。