新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

白内障

 

水晶体の濁り

 人間の目をカメラにたとえると、レンズにあたる部分が水晶体です。直径約9o、厚さ約4mmの凸レンズで、薄い膜に覆われており、中身は水分とたんぱく質からできています。正常な水晶体は透明で光を良く通しますが、いろいろな原因でたんぱく質が変性し濁ってくると、光を通すことができなくなります。この状態が白内障です。

 

原因

 加齢によりおこるものがほとんどですが、アトピー性皮膚炎、糖尿病などの全身疾患に合併するもの、ブドウ膜炎などの目の病気や怪我に続いておこってくるもの、放射線や薬剤(ステロイド剤)などの副作用によるものなどがあります。

 

症状

 初期の白内障では、明るいところに出た時や対向車のヘッドライトがとてもまぶしかったり、夕方になると老眼鏡をかけても手元が見づらくなったりします。進んでくるとものが二重に見えたり、全体に霧がかかったように白く霞んで見えるようになります。白内障のタイプによっては進行に伴って近視が進んでくる場合もあります。

 

薬物療法

 白内障が日常生活に支障がない程度であれば点眼薬や内服薬で進行を遅らせます。これらの薬剤は水晶体の中のたんぱく質の変性を抑制して、濁る速さを遅くするもので、一度濁ってしまった水晶体を元通り透明にすることはできません。

 

手術

 視力を取り戻すためには、手術が必要になります。現在行われているのは、濁った水晶体を超音波で砕いて取り除き(水晶体超音波乳化吸引術)、人工のレンズを入れる(眼内レンズ挿入術)という方法です。技術の進歩により短時間で安全に行われるようになったので、全身的な合併症があるなど特別な場合を除いて、通院で行われることがほとんどです。術後は、早ければその日から明るい鮮やかな視界を取り戻すことができます。

 

後発白内障

 

 白内障の手術後、数ヶ月〜半年してまた白っぽく霞んできたりまぶしくなったりすることがあります。これは手術の時に残してきた水晶体の膜が濁ってくるためにおこるもので、「後発白内障」といいます。これには手術の必要はなく、レーザーで簡単に濁りを取り除くことができ、視力もすぐに回復します。

 

最後に

 白内障の手術時期は、患者様ご自身が決めるものです。1.0見えていてもお仕事に支障をきたすようなら手術したほうが楽ですし、0.1しか見えなくても合併症がなく生活に不便を感じなければ、無理に手術する必要はありません。主治医とよく相談なさってください。

進行した白内障

白内障の手術後

 

(2008/5)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。