新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

老眼について

 

老化は目から?

 40歳を過ぎるころになると、新聞の字がちらついて見づらい、少し目からの距離を離したほうが良く見える、読書をすると頭痛がしたり肩が凝ったりする、近くを見ていてふと遠くを見ようとするとすぐにピントが合わない、などといったことがおきてきます。私たちが初めて「老化」を意識するのは、こういった目の症状からかもしれません。

 

水晶体の硬化が原因

 私たちの目がオートフォーカスでピント合わせできるのは、直径9〜10mmの碁石のような形をした水晶体が、厚さを変えて焦点距離を調節しているからです。水晶体は透明なたんぱく質からできており、その周りには毛様体という筋肉があって、間をチン氏帯という細い繊維がつないでいます。近くを見るときには、毛様体が収縮してチン氏帯がゆるみ、水晶体がそれ自身の弾力性で厚くふくらんでピントを合わせます。そのため加齢に伴って水晶体が硬くなり弾力性が失われると厚さを変えることができなくなって近くにピントが合わなくなります。これが老眼です。

 

老眼は誰にでも平等に

 程度の差はあれ水晶体の硬化は誰にでも起こる変化なので、老眼はすべての人にやってきます。ただ、近視の人は水晶体の厚みを変えずに見たときに近くにピントが合うので、しばらくは眼鏡をはずせば手元も見えます。逆に遠視の方は早くから老眼鏡が必要になります。

 

見栄を張るのは損

 いくら頑張っても60代くらいまでは年々進行するのが老眼です。眼精疲労、頭痛、肩こりなどは我慢していても良くなるものではありません。目や脳に負担をかけずに上手に付き合っていくのが得策です。老眼年齢は、白内障・緑内障・加齢黄斑変性といった加齢に伴う他の病気が起こりやすい年齢でもありますので、それを機会に眼科で検診を受けてていただくと良いと思います。

 

コンタクトや手術も

 老眼が始まってもいつから不自由になるのかは、その方の生活によって違いますが、不自由を感じたら必要なときだけ老眼鏡をかけたり、遠近両用眼鏡を使用したりするのが一般的です。
 若いときからコンタクトレンズを使っていらした方なら、遠近両用のレンズもあります。使い捨てレンズなどの種類が増えて、ずいぶん実用的になってきました。
 また、白内障の手術時に使用する眼内レンズにも遠近両用のものがでてきましたし、近視や乱視を治すレーザー手術レーシック(LASIK)でも老眼対応レーシックが試みられています。さらに、角膜の周辺に高周波をあててコラーゲン組織の一部を収縮させ、角膜のカーブを変えることにより近くを見やすくする、伝導性角膜形成術といった新しい老眼治療法も出てきました。
 これからは、老眼は上手に付き合うのではなく、「治す」時代になっていくのかもしれません。

 

(2008/3)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。