新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

ドライアイ

 

ドライアイとは

 涙液量の減少や涙の質の変化により、目の表面の角膜や結膜が損なわれ、さまざまな症状を引き起こす状態を言います。
全国で1000万人以上の患者さんがいるといわれています。

 

症状

 はじめのうちは、目が乾くというより、なんとなく目が重い、違和感がある、目が疲れる、といった症状であることが多く、次第に、しょぼしょぼする、ヒリヒリする、ゴロゴロする、朝目が開きにくい、夕方になるとかすむ、充血する、目やにが出る、視力は良いのになんとなく見づらいなどの症状がでてきます。ひどくなると、目の痛みやまぶしさで、目が開けていられなくなります。角膜に傷がつくと、逆に涙っぽくなることもあります。

 

原因

 1・VDT作業(パソコン、携帯電話などのモニターを見続けるとまばたきが減少して目が乾き
  ます)
 2・エアコンなどによる室内の乾燥
 3・加齢による涙液分泌量低下と安定性の低下
 4・ストレス(リラックスした状態のほうが分泌量は増えます)
 5・コンタクトレンズの使用
 6・アレルギー性結膜炎、マイボーム腺機能不全などの眼疾患
 7・シェーグレン症候群などの膠原病・糖尿病・スティーブンスジョンソン症候群などの全身
  疾患
 8・内服薬(降圧剤・精神安定剤など)

 

診断

 涙の分泌量や涙液層破壊時間の計測を行い、角結膜上皮障害の程度を見て診断します。自覚症状も診断基準に含まれます。

 

治療

 人工涙液、ヒアルロン酸含有の点眼薬を使用し、改善しない場合は、涙点プラグ、外科的涙点閉鎖術、自己血清の点眼などをおこないます。原因疾患があるときはその治療も必要です。
 防腐剤の入った市販の目薬や洗眼液の乱用は、症状を悪化させることあるので注意してください。
 また、モニターは下目使いで見る位置に置き、1時間続けたら15分くらいは他の仕事をする、加湿器を使う、ストレスを溜めない、コンタクトレンズの装用時間を減らす等、日常生活での注意や、蒸しタオルで5分間目を温めることも症状の改善にはとても有効です。

 

(2008/1)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。