新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

結膜炎

 

 結膜炎は、ありふれた病気ですが、重症になると角膜障害をおこしたり、感染力の強いものでは、大勢の人にうつしたりするので侮れません。
 原因により大きく二つに分けられます。「感染性結膜炎」と「アレルギー性結膜炎」です。感染性のものにはさらに、ウイルスによるものと細菌によるものがあります。

 

ウイルス性結膜炎

 俗に「はやり目」といわれるものです。アデノウイルスによる流行性角結膜炎とエンテロウイルスやコクサッキ―ウイルスによる出血性結膜炎があります。
 痒みは強くなく、激しい充血と目が開けられないほどのメヤニがみられ、涙がたくさんでたり、ゴロゴロとした強い異物感もおこります。出血性結膜炎では白目に点状の出血がみられます。赤ちゃんやお年寄りでは、瞼の裏側の結膜に偽膜と呼ばれる白い膜がはる場合もあります。
 また、耳の前のリンパ節が腫れたり、咽頭炎をおこし熱が出ることもあります。この咽頭結膜熱はプールで感染することが多く、プール熱とも呼ばれます。
 感染後、一週間前後の潜伏期間を経て発症します。治癒するまでの期間は、ウイルスの種類により、一週間から一ヶ月くらいです。涙やメヤニが出ている間は非常に接触感染しやすいので、学校伝染病に指定されており出席停止になります。
 治療ですが、残念ながらウイルスに対する特効薬はありません。細菌との混合感染を防ぐために抗生物質の点眼薬をつけたり、症状を和らげるためステロイドの点眼をしながら、体の免疫力に任せて待つしかありません。ただ、結膜炎の治り際に角膜炎がおきる場合もありますので、治癒が確認されるまで通院することは必要です。
 ウイルス性結膜炎になってしまったら、家庭内感染や職場での感染を防ぐため、次のことに気をつけてください。とにかく目に触らない。点眼等で触ったら、石鹸と流水で良く洗う。目に触れるものは共用しない。メヤニはティッシュペーパーなどでふいて捨てる。眼帯は使わない(細菌の温床になり、小児では弱視を引き起こすことがあるためです)。

 

細菌性結膜炎

 黄色ぶどう球菌や肺炎球菌などに感染しておこる結膜炎で、大人では疲れがたまっていたり体調の悪い時、お子様では鼻かぜを引いたときなどにおこりやすいようです。やはり充血とメヤニ、異物感がありますが、ウイルス性結膜炎のように強い症状はありません。また、抗生物質が良く効くので、治療をすれば、3〜4日で治まります。感染力もウイルスほど強くはありませんが、感染を防ぐための注意は必要です。

 

アレルギー性結膜炎

 アレルギーを引き起こす物質(抗原)が結膜に接触したときに、過剰な免疫反応がおこり炎症をおこすものです。抗原としては、花粉、ハウスダスト、ダニ、イヌやネコなどが一般的ですが、点眼薬の成分やコンタクトレンズも原因になります。
 一番の症状はかゆみです。抗原に触れるとすぐに目がかゆくなります。充血して涙も出ますがメヤニはそれほど多くありません。こすってしまうと、瞼が腫れたり、結膜も腫れて白目がゼリーのように飛び出してくることもあります。これは触らずにそっと冷やすともとに戻ります。
 この結膜炎には抗アレルギー薬の点眼薬がよく効きます。症状が強い場合はステロイドの点眼薬を併用することもあります。
 一般のアレルギー疾患と同じように抗原との接触を避けることが大切です。

 

(2007/9)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。