新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

網膜剥離

 

網膜剥離とは

 網膜は目をカメラにたとえるとフイルムにあたる神経の膜です。ここで受け取った光の情報が電気信号となり視神経から脳に伝わることで、私達はものを見ることができます。網膜の厚さは平均0.2mmで、10層から成ります。一番外側の1層を「網膜色素上皮」、あとの9層を「神経網膜」といいます。この二つの層の接着は弱く、何らかの原因で神経網膜が色素上皮から剥がれてしまうことを網膜剥離といいます。

 

硝子体の役割と裂孔原性網膜剥離

 網膜を内側から支えているのが硝子体です。水分を含んだタンパク質でできており、透明で張りのあるゼリーのような組織で、光を通し眼球の形を保つ役割をしています。ところが、加齢により水分とタンパク質が分離して硝子体は収縮していきます。縮む時に網膜と強く接着している部分があると引っ張って裂け目(網膜裂孔)を作ってしまったり、栄養障害から網膜そのものが萎縮して孔(網膜円孔)があくことがあり、この孔から硝子体の水分が入り込むと網膜は剥がれてしまいます。これを裂孔原性網膜剥離といいます。他の病気に伴っておこる場合もありますが、一般的に網膜剥離というと裂孔原性のことをさします。

 

症状

 初めのうちは、目の前に小さな虫が飛んでいるように見えたり、ごみが舞っているように見えたりします(飛蚊症)。視野の端の方で稲妻のような光が走るばあいもあります(光視症)。進行してくると、視野の端からレースのカーテンがかかったように見えなくなってきます。網膜の中心部まで剥がれると、視力は急速に0.1以下になり、放置すれば何も見えなくなってしまいます。

 

治療

 裂孔の周りが狭い範囲で剥離している場合は、レーザー光線で焼いて接着する網膜光凝固術が行われます。外来で15分ほどでできる治療です。
 大きく剥離している場合は、入院、手術が必要になります。手術方法や技術の進歩により最近では90%以上の患者さんが失明を免れていますが、どれだけ早い時期に手術をするかで術後の見え方は大きく変わってきます。

 

予防

 網膜剥離も裂孔も眼底検査をすればすぐに診断がつきます。裂孔の段階で発見し光凝固術を行えば、網膜剥離を予防することができますので、飛蚊症、光視症を自覚したらまず一度、網膜剥離になるリスクの高い強い近視やアトピー性皮膚炎のある方は定期的に、眼底検査を行うことをおすすめします。

網膜剥離の眼底

手術後

 

(2007/7)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。