新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

緑内障

 

緑内障とは

 視神経が障害され視野が欠けていく病気で、進行すると失明にいたる場合もあります。40歳以上では20人に1人の方が緑内障だといわれています。

 

緑内障の種類

 1.発達緑内障(生まれつきのもの)2.続発緑内障(他の病気によって引き起こされるもの)3.原発緑内障(原因がはっきりしないもの)の三つに分けられます。この中で最も多いのが原発緑内障で、これには原発開放隅角緑内障と原発閉塞隅角緑内障の二つのタイプがあります。

 

房水と隅角

 目の中には、血液と同じように酸素や栄養を運ぶ「房水」という透明な液体が循環しており、房水の排出口が、虹彩の付け根と角膜に挟まれた「隅角」です。
 房水の産生と排出のバランスで目の張り(眼圧)が保たれていますが、隅角での流れが滞ると房水がたまって眼圧が上がり、神経節細胞が障害されて視野欠損がおこります。

 

正常眼圧緑内障

 眼圧が高くなくても視神経の障害が進行し徐々に視野が狭くなる場合があります。これは正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本人に多く見られます。視神経周囲の循環障害や遺伝が原因として考えられていますが、眼圧日内変動検査をすると夜や早朝の診療時間外に高眼圧がみられるという報告もあります。

 

症状

 閉塞隅角緑内障の発作では、突然強い眼痛・充血・かすみ・頭痛・吐き気などが起きます。正常眼圧緑内障を含む開放隅角緑内障では、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。見え方の異常に気付く頃には120万本あるといわれる視神経線維の2/3が失われているのです。

 

検査

 隅角検査・眼圧検査・眼底検査(視神経乳頭陥凹、網膜神経線維層欠損の有無)・視野検査などを行い、全てを総合して診断します。

 

治療

 できるだけ眼圧を下げ、視野障害の進行をくい止めることが治療の目的になります。基本は規則正しく目薬をつけることと、定期検診をかかさないことです。目薬が効かない場合は、飲み薬、レーザー治療、手術などを行います。
 一度欠けてしまった視野を取り戻すことはできません。40歳以上の方、近親者が緑内障の方、強度近視・糖尿病など緑内障になりやすい方は専門医での検診をお勧めします。

 

 

 

(2007/5)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。