新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

網膜静脈閉塞症

 

網膜静脈閉塞症とは

 文字通り網膜静脈が詰まって血流が悪くなり、出血やむくみがおこる病気です。糖尿病網膜症と並んで眼底出血をおこす代表的疾患です。
 50代以上の高齢者に多く発症し、高血圧、動脈硬化などの成人病が原因になります。ただし、若い方でも血管や視神経の炎症や、経口避妊薬の内服による血栓でも起こる可能性があります。
 血管の詰まる場所により2種類に分けられます。網膜静脈の本幹が詰まる「網膜中心静脈閉塞症」と枝分かれした一部の静脈が詰まる「網膜静脈分枝閉塞症」です。
 片眼におこる病気ですが、時期をずらして両眼におこることもあります。

 

症状

 「網膜中心静脈閉塞症」ではある日突然、急速に視力の低下がおこります。0,1かそれ以下までさがり、視力が回復しないことも少なくありません。
 「網膜静脈分枝閉塞症」では閉塞のおこる場所によっては自覚症状がまったくなく、健診や別の病気で眼科にかかり、たまたま見つかることもあります。黄斑部(網膜の中心の一番感度の高い部分)に出血やむくみがかかると、ゆがみ、かすみ、視力低下といった症状があらわれます。
 出血の程度が強く硝子体出血を合併すると、目の前に黒いものがちらちら飛んで見える「飛蚊症」がおこります。

 

治療

 急性期には血栓溶解剤、循環促進剤、止血剤、消炎剤などを組み合わせた薬物療法をおこないます。改善しなければ、出血やむくみの吸収を早めるためレーザーで網膜光凝固術を行います。黄班部のむくみをとり視力の改善をはかるために硝子体手術をおこなったり、ステロイド剤を注射したりする治療法もあります。
 慢性期には合併症である硝子体出血、網膜はく離、血管新生緑内障を予防するため、血液の流れなくなった網膜に光凝固術を行います。

 

予防

 高血圧や動脈硬化の発症や進行を抑えるため、食生活に気を配り、適度な運動をし、薬物療法が必要ならきちんと継続することが大切です。出血を早期に発見するために、定期的な眼底検査もおすすめします。

 

(2006/11)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。