新百合ヶ丘、眼科、川崎、千代ヶ丘、津田眼科 川崎市、白内障、川崎、宿河原、津田眼科クリニック 眼科、川崎市、宮前平、川崎、津田眼科クリニック

中心性網膜症

 

目のストレス病

 中心性網膜症は網膜の中心にむくみがおこる病気で、30〜40歳代の働き盛りに多く発症します。女性よりは男性に多く、原因は不明ですが、ストレスが引き金になっていると言われています。昔はタクシーの運転手さんに多いと言われていましたが、最近ではパソコンを使う事務職の方や頭脳労働をなさる方によく見られるようです。

 

片目の中心が見づらくなる

 両目に同時に起こることはほとんどありません。片方の目で見たときに、中心が暗く見えたり、黄色っぽく見えたり、ゆがんで見えたりします。また、もう一方の目で見た像よりも小さく見えることもあります。視力も落ちますが、まったく見えなくなることはありません。

 

限局性の網膜剥離

 網膜は目をカメラにたとえるとフィルムにあたる組織で、その中心に最も神経細胞が密集している「黄斑部」があります。中心性網膜症はこの黄斑部が限局性に網膜剥離を起こした状態です。網膜の外側には脈絡膜という血管が豊富な組織があり網膜に栄養を供給しています。二つの網膜の間には網膜色素上皮というバリアーがあるのですが、何らかの原因でこのバリアー機能が壊れると、脈絡膜から血漿成分が網膜に漏れて、黄斑部がドーム状に剥がれてしまうのです。

 

眼底検査で診断

 散瞳剤で瞳孔を広げて検眼鏡や細隙燈顕微鏡で眼底を観察し、黄斑部に剥離がないか調べます。同じような症状でも、加齢黄斑変性や糖尿病網膜症による黄斑症など、出血を伴い予後の悪い病気の場合もあるので注意が必要です。場合によっては蛍光造影剤を静脈から注射し、眼底カメラで撮影(蛍光眼底造影)して漏れ出す場所を調べます。

 

飲み薬やレーザーで治療

 一般的には、消炎剤や循環促進剤の内服で黄斑部のむくみをとる薬物療法が行われ、3ヶ月から半年で治ります。蛍光眼底造影で漏れている部分が特定でき、それが黄斑部の中心から十分離れている場合は、レーザーで焼いて漏れを止める治療法もあります。

 

ストレスを避け再発予防

 中心性網膜症は後遺症をほとんど残すことなく治る良性の疾患ですが、再発が多く見られます。無理をせず、ストレスを上手に解消して再発を防ぎましょう。

 

(2006/7)

Loading

文字の大きさを変更
   標準  

 

医療法人 光彩会
千代ヶ丘 津田眼科
宿河原 津田眼科クリニック

宮前平 津田眼科クリニック

※診療時間・診療内容等詳しい情報は、
   各眼科クリニックのサイトをご覧くださ
   い。


医療法人 光彩会について
川崎市にて千代ヶ丘の津田眼科と宿河原津田眼科を統括している眼科医療専門の医療法人です。高度な医療機器を取りそろえ、多数の眼科専門医と経験豊富な眼科医療のスタッフが、川崎市近隣の患者様に最善の眼科医療を提供できるよう努力させていただいています。